Offline

お知らせ

7月16日のText-Revolutions 第7回のお買い物代行サービスで既刊・新刊を購入することができます。詳しくはテキレボ公式サイトの案内ページをご覧ください。在庫は充分用意していきますが、台風等の影響で当サークルが不参加になった場合など、代行不成立の場合も手数料700円がかかりますのでご注意ください。

イベント参加情報

2018.07.16 Text-Revolutions 第7回 (都立産業貿易センター台東館) B-21
2018.05.05 コミティア124 (有明・東京ビッグサイト東4・5・6ホール)
2018.02.11 コミティア123 (有明・東京ビッグサイト西1・3・4ホール) と43b
2017.10.28 Text-Revolutions 第6回 (都立産業貿易センター台東館) E-04
2015.10.10 Text-Revolutions 第2回 (都立産業貿易センター台東館) C-25
2015.08.30 コミティア113 (有明・東京ビッグサイト東2・3ホール) Z01b
2015.05.05 コミティア112 (有明・東京ビッグサイト東4・5・6ホール) V09a(委託)

委託情報

2018.02.26 「真昼の月の物語 2 雲翳の章」通販開始 アリスブックス
2017.11.14 「真昼の月の物語 1 晴雨の章」通販開始 アリスブックス
2015.10.18 「リーニの日記」通販開始 アリスブックス(取扱終了)
2015.05.30 「水妖の滝 月の船」通販開始 アリスブックス(取扱終了)

新刊・既刊情報

新刊

真昼の月の物語 3 遠雷の章

発行年月日 2018年 7月 16日初版発行
概要 文庫サイズ 284ページ
価格 1,000円
内容

しばしの間ユリンを離れていたジュリアンが戻ってきた。戦場の匂いを引き連れて帰ってきたジュリアンの姿に、フィラは衝撃を受けながらも、思わず手を差し伸べてしまう。
フィラの中に眠る力。それを狙う黒衣の魔女。まどろみの中にあったユリンの平和が、ついに脅かされる。
機械と魔法が共存する荒廃した世界のSF恋愛ファンタジー第3巻。

※サイト公開中の「真昼の月の物語」を加筆修正して再録したものです。内容はほぼサイト収録のものと変わりません。

既刊

真昼の月の物語 2 雲翳の章

発行年月日 2018年 1月 7日初版発行
概要 文庫サイズ 276ページ
価格 1,000円
内容

子猫の姿をした光の神ティナと、生き別れになっていた妹フィア。ジュリアンと出会ってから、フィラの周囲では少しずつ状況が動き始めている。
そんなとき、中央省庁区から来る視察団のために歓迎パーティーが開かれることになったが、ジュリアンには視察団からフィラの存在を隠しておきたい事情があるようで……。
機械と魔法が共存する荒廃した世界のSF恋愛ファンタジー第2巻。

※サイト公開中の「真昼の月の物語」を加筆修正して再録したものです。内容はほぼサイト収録のものと変わりません。

真昼の月の物語 1 晴雨の章

発行年月日 2017年 7月 7日初版発行
概要 文庫サイズ 280ページ
価格 1,000円
内容

閉ざされた町ユリンで暮らす記憶喪失の少女フィラは、領主としてやってきた聖騎士ジュリアンと出会ったことで光の巫女の力を巡る戦いに巻き込まれていく。
機械と魔法が共存する、荒廃した世界を舞台にしたSF恋愛ファンタジー。

※サイト公開中の「真昼の月の物語」を加筆修正して再録したものです。内容はほぼサイト収録のものと変わりません。

蒼のデクストラ

発行年月日 2018年 5月 5日初版発行
概要 文庫サイズ 110ページ
価格 600円
内容

戦闘艇に乗る少年と少女の出会いの物語「彼女は海の底」。「人類に炎を取り戻してくれたペンギンのお話」。魔王の独白「シアノ」。大学卒業後のすきまの時間「冬の花火」。消せない故郷の記憶「碧の空」。滅び行く世界で戦う少女の物語「彼は暗い夜雨の中に差し込んだ、一条の月の光のようだった」。故郷を目指す飛行機乗りの物語「Deserter’s 45 minutes」。サイト「雨の庭」や参加したネット企画に掲載している短編のうち、青・寒色系のイメージがあるお話を集めた短編集。

紅のシニストラ

発行年月日 2018年 5月 5日初版発行
概要 文庫サイズ 108ページ
価格 600円
内容

陸の船乗りと少女と少年の聖夜「ヴィッセラーダは聖夜を祝う」。時の流れから取り残された吸血鬼の「Smoke Gets In Your Eyes」。戦隊レッド+魔法少女「青春レッドとマジカル☆スプリング」。ほのぼのボーイミーツガールファンタジー「魔女見習いの弟子」。部活の先輩と後輩の放課後デート「より道」。幕末風の異世界を舞台にしたシリアスファンタジー「花に星」。サイト「雨の庭」や参加したネット企画に掲載している短編のうち、赤・暖色系のイメージがあるお話を集めた短編集。

リーニの日記 〜天翔る羊さまと羊番の騎士〜

発行年月日 2015年 8月30日初版発行
概要 文庫サイズ 162ページ
価格 700円
内容

お仕えする姫君の結婚のため、天翔る羊さまの伝説が今に生きる平和なシェリープ王国へやって来た侍女のリーニを出迎えたのは、顔が怖くてぶっきらぼうな騎士、エレウス・メーレンベルクだった―― 夢見る十六歳の乙女による、お城での生活をつづった日記形式の恋愛ファンタジー。

※サイト公開中の「リーニの日記」を微調整して再録したものです。内容はほぼサイト収録のものと変わりません。番外編は未収録です。

水妖の滝 月の船

発行年月日 2015年 1月 7日初版発行
概要 文庫サイズ 73ページ
価格 500円
内容

領主の息子と滝壺の水妖、水都の王と死を司る巫女。水の乙女と人間の男、王族と平民。種族や立場故に結ばれることの叶わない二人は、それでも出会い、惹かれ合う。中世ヨーロッパを舞台にした民話調の幻想譚を2編収録。

※サイト公開中の「水妖の滝」「月の船」を微調整して再録したものです。内容はほぼサイト収録のものと変わりません。